14:34 2017年10月24日
東京+ 17°C
モスクワ-3°C
    日本で綺麗な女性

    ネガティブな気分になっても構わない理由

    © 写真: Mihaela Noroc
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 157070

    殆どの人は自分の感情をコントロールできるようになりたいと望み、ポジティブな気分だけを良しとしている。だが最新の研究結果によると、このアプローチは最善の方法ではない可能性もあるのだ。

    ストレス
    © Fotolia/ Viacheslav Iakobchuk
    スプートニク日本

    ネガティブな感情とつき合い、不愉快な状況からも良いことを得る方法について、女性誌「ザ・カット」が取りあげた。

    研究の結果、自分の感情を全て受け入れつつも自身を責めない人は一般的に、より早くネガティブな気分から抜け出すことがわかった。しかもそのような人は、湧きあがった一次的な感情について覚える二次的な感情、いわゆる「メタ感情的反応」に陥る傾向が低い。つまり自分の気持ちを素直に受け入れることで、割合に短いとされる感情の自然サイクルを通過し、やがてその気持ちは消滅してしまうのだ。

    金銭的な苦労や健康面で悩みのない裕福な人は、例えば週70時間労働を強いられる貧困者よりも全てにおいて順調だと思われがちである。だが、貧困者がネガティブな感情を全て受け入れるのであれば、否定的な感情のループにはまり込んでしまいがちな裕福な人よりも幸福を感じるかもしれない。

    このテーマの最新研究を行ったのは、トロント大学心理学部のブレット・フォード教員。約1000人がアンケートで人生の満足度やストレスに悩む頻度などについて回答した。この他、どのような精神的症状に苦しみ、それとどう接してきたのかについても記述をしてもらった。これらを集計分析した結果、フォード氏と同僚の研究員は、否定的な感情を受け入れる人ほど精神的な健康度が高いという傾向を見出した。更に、ネガティブな状況そのものは、それによって引き起こされる感情について言えば、何の役割も演じるものでないことも明らかになったのだ。

    関連記事

    肯定的感情は米国人の健康を増進する だが日本人の場合はそうではない

    健康でいるためには自分に同情するのをやめよう コペンハーゲン大学

    タグ
    研究, 科学, 健康
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント