05:03 2020年08月12日
テック&サイエンス
短縮 URL
243
でフォローする

ドバイで、ソーラーコレクター(太陽光集光装置)を備えた世界最大の発電所プロジェクトがスタートした。16日、アラブ首長国連邦の「ザ・ナショナル (The National)」紙が報じた。

スプートニク日本

ザ・ナショナル」によると、発電所の出力は700メガワット。

ソーラーコレクター用の構造物の高さは260メートルとなる。

​これは現時点で世界で最も高いソーラーコレクター用構造物。

建設費は、39億ドルと見積もられている。

​ドバイ当局の計画によると、「クリーン」エネルギーが占める割合は2020年までに25%、2050年までに75パーセントとなる予定。

先の報道によると、中国にある世界最大の水上太陽光発電所の動画が独メディア「Ruptly」によって公開された。

タグ
テクノ, アラブ首長国連邦
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント