23:19 2017年10月20日
東京+ 16°C
モスクワ+ 7°C
    飛行機で眠るとなぜ危険なのか?

    飛行機で眠るとなぜ危険なのか? 学者たちが語る

    © Fotolia/ Kasto
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 74721

    飛行機が離着陸する時に眠ると、聴覚に取り返しのつかないダメージを与える危険性がある。インディペンデント紙が、ハーバード大学医学大学院の研究を引用して伝えた。

    スプートニク日本

    高度が変化する時、大勢の人が「耳がつまった」ように感じる。その理由は、外の気圧と耳の中の気圧が不釣り合いになるからだ。

    その解消方法は、あくびをするように顎を大きく動かす、または唾を飲み込むこと。そうすることで耳管と呼ばれる耳の細い管が開く。

    離着陸時に眠ると気圧外傷が生じる危険性があるのは明らかだ。

    気圧外傷は、鼓膜の後ろの液体が聴覚の問題や痛みを引き起こす感染症の原因となる恐れがある。

    結論:離着陸時には眠るのを我慢してください。

    先の報道によると、ドイツの学者グループは、機内食が美味しくないと感じる原因を研究した。

    タグ
    飛行機, 研究
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント