10:40 2018年12月17日
ホメオパシー

欧州 ホメオパシーの大きな害を発表

© Fotolia / Alimyakubov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 129

欧州科学アカデミー諮問委員会(EASAC)がロシアや米国の例に倣い、ホメオパシーを医療から分離した。委員会によると、ホメオパシー製品は深刻な害をもたらす可能性がある。

スプートニク日本

これまでも多くの臨床実験が、ホメオパシーによって得られる効果はプラセボ(有効成分を持たない薬)による効果と同等だと示していた。だが、ホメオパシーという代替医療を支持する人は世界各地で見られる。

2017年2月、ロシア科学アカデミー付属委員会がホメオパシーを攻撃。ロシア科学アカデミーのニセ科学対策委員会が、ホメオパシーを「ニセ科学」だと明記した覚書を公開したのだ。学際的なこの作業班には、心理学者や物理学者、化学者などの学者30人が参加していた。

そしてEASACが現在、「ホメオパシー製品の広告や使用は大きな害をもたらす可能性がある」とホメオパシーを痛烈に批判する声明を出したのだ。

全12ページの文書は、ホメオパシー製品が効かないことを示す、利用可能な研究やレビューの結果をまとめている。EASACによると、ホメオパシーにより、効果的な薬を探すことが妨げられるおそれがある。

健康関連のニュースはこちら

タグ
養生, 健康, ダイエット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント