14:19 2019年12月11日
「ロスコスモス」社のイーゴリ・コマロフ社長

露米 月周回軌道ステーション共同建設で合意

© Sputnik / Sergey Kuznecov
テック&サイエンス
短縮 URL
254
でフォローする

ロシアと米国の宇宙機関トップが月周回軌道上に新たな宇宙ステーション「Deep Space Gateway」を建設することで合意したと、ロシアの国営宇宙企業「ロスコスモス」社のイーゴリ・コマロフ社長が述べた。

スプートニク日本

この合意はオーストラリアで開かれている国際宇宙会議(IAC)2017で締結された。

コマロフ氏は「第一段階では、将来月面で完成する見通しの技術を使って軌道ステーションを建設し、その後火星についても同様の計画だ」と話した。

最初のモジュールの完成は2024~26年に計画されている。

今回の計画には中国、インド、そして他のBRICS諸国も参加する可能性があるという。

​先の報道によると、火星あるいは月の最初の移住者たちは、火山の噴火によってつくられた地下の洞窟に定住することが可能だという。

タグ
宇宙, NASA, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント