07:13 2020年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51
でフォローする

28日、地球は強い磁気嵐の影響を受けている。ロシアのマスコミが、ロシア科学アカデミー・レベジェフ物理学研究所・広報部の情報を引用して報じた。

スプートニク日本

広報部は「地球が高速太陽風の流れに入り込んだことにより、本日2017年28日、地球では強い磁気嵐(5段階中3段階)が発生している」と発表した。

太陽風の流れとの最初の接触により、地球の磁場は27日の終わりまで乱れた状態にあったという。

また広報部によると、深夜0時頃、地球に吹き付けた太陽風の速度は650-700 km / sまで強まり、現在も同じく平均値の2倍超のレベルにあるという。

さらに広報部は、地球は今後およそ24時間は太陽風の流れの中に留まる見込みだと発表した。

関連記事

太陽フレアと磁気嵐 太陽活動は人を死に至らしめるのか【オピニオン】

NASA観測所、太陽の巨大な黒点をビデオに撮影 【動画】

タグ
研究, 科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント