14:21 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 6°C
    はちみつ

    世界中の蜂蜜が殺虫剤で汚染されている

    CC0
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    196552

    スイスのヌーシャテル大学の研究者たちは、蜂蜜の75%が殺虫剤群で汚染されていることを発見した。研究の詳細が、サイエンス誌に掲載された。

    スプートニク日本

    研究者らは、全大陸(南極を除く)や孤立する数多くの島から蜂蜜サンプルを集め、殺虫剤の影響を調べた。

    研究者らは、198の蜂蜜サンプルで最も一般的に使用されている5種類のネオニコチノイド(化学物質)の検査を行った。

    結果、蜂蜜サンプルの75%に少なくとも1つのネオニコチノイドが含まれていた。

    ネオニコチノイドの濃度が最も高かったのは北米の蜂蜜(86%)、続いてアジア(80%)、欧州(79%)、南米(57%)だった。

    また30%の蜂蜜サンプルが1つのネオニコチノイドを含んでおり、45%が2つあるいは3つ、10%が4つあるいは5つのネオニコチノイドを含んでいた。

    なお研究者らは検出された濃度について、欧州連合(EU)が定める食品残留基準値を下回っていると指摘している。

    関連ニュース

    蜂蜜は血管を中か掃除し、心臓発作を防ぐ

    遺伝子組み換えの有害性に関する3つのデマ

    タグ
    健康, 食品, 食事, 科学, スイス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント