06:19 2021年01月17日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

SONYプレイステーション(PS)4のジョイスティックに接続されたスポーツカー日産GT-Rが、シルバーストン・サーキット(英国)で時速211キロまで加速した。ロシアのマスコミが報じた。

スプートニク日本

日産チームは、ポリフォニー・デジタル社のレースゲーム「グランツーリスモ」シリーズの開発者との協力20周年を記念して、珍しい実験を行った。
スポーツカーは、レーシングドライバーのヤン・マーデンボローさんがヘリコプターから操縦した。

スポーツカーを遠隔操作するために、自動車にはステアリング、ブレーキ、ギアボックス、ガスペダルの操作を司るロボット化された4つのメカニズムが搭載された。

1 / 4
スポーツカー日産GT-R
タグ
テクノ, ゲーム, 自動車, 日産
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント