10:10 2018年07月18日
自走式ロボット

日本のエンジニアたちが気管支鏡検査用の「ミミズ」のような自走式ロボットを開発【写真】

© 写真 : Hideyuki Tsukagoshi
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

日本のエンジニアたちが、気管支鏡検査用の「ミミズ」のような自走式ロボットを開発した。このロボットの最初のプロトタイプは、5月に福島県で開かれた「ロボティクス・メカトロニクス講演会」で紹介された。

スプートニク日本

気管支鏡検査は、様々な気管支の病気が疑われる時に行われる。

医師は気管にカメラの付いた気管支鏡を入れて気管支を観察する。その手順は非常に複雑であり、結果はそれを行う医師の技術に左右される。

日本のエンジニアたちは、気管支鏡検査のためのロボット化された器具を開発した。このロボットは、空気を含む複数のカメラからなっている。気管支に沿って前進するために、これらのカメラは交互に膨らんだりしぼんだりする。このロボットはミミズのように動く。

開発者たちはロボットについて、医師が気管支鏡検査を行うのを容易にするほか、検査中に枝分かれした細い気道「細気管支」にまで到達することを可能にすると考えている。

タグ
テクノ, 医学, ロボット, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント