12:21 2020年02月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 18
でフォローする

米国で、大きな目鼻にカーブした顔を持つ、ディズニー映画のような馬の繁殖が行われた。英紙テレグラフが報じた。

スプートニク日本

英紙テレグラフ紙によると、米ワシントン州にある馬が生まれた牧場の所有者は、このエル・レイ・マグナムという名のアラブ種を「完璧に向かう一歩」だと説明する。価格は数百万ドルだと見られる。

一方、専門家はこうした「行き過ぎた繁殖」に警鐘を鳴らす。英国の獣医師ティム・グリット氏は、アラブ種がカーブした顔で有名ではなるが、今回のケースは限度を超えていると指摘する。また、フレンチ・ブルドッグやパグといった人間の需要に合わせてくしゃくしゃの顔を持つに至った犬は呼吸で苦しむが、こうした馬の場合、状況はより悪いものになると警告する。

100年近く「絶滅」の昆虫 生存確認
© REUTERS / Rohan Cleave/Melbourne Zoo
グリット氏は、「犬は人間のように口呼吸ができますが、馬は鼻呼吸だけです。身体活動が制限されたものになるだろう」と述べる。

マグナムの外見にショックを受けたものもおり、Veterinary Record誌の編集者アデル・ウォーター氏は「コンピューター・グラフィックスを用いたトリックだと最初は考えた」と述べた。

その上で「いつ終わりが来るのか?馬が馬らしい外見であり、アニメのキャラクターのようではないことは本当に、それほど悪いことなのでしょうか?」と付け加えた。

関連ニュース

子パンダと写真撮影はいかが? と思いきや、犬で観光客は絶句【写真】

南アフリカの村で「半人半羊」が生まれる【写真】

タグ
びっくり, 科学, 動物, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント