09:34 2020年11月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

米プリンストン大学の天文学研究チームは、HD番号240430の星を発見し、「クロノス」という名前をつけた。この星の化学構成を分析したところ、地球と同型の惑星をいくつか吸収していたという結論を得た。科学技術系サイトPhys.orgのプレスリリースが発表した。

スプートニク日本

HD240430はHD240429の星「クリオス」と連星を成しており、地球からは350光年の距離にある。2つの星の年齢はおよそ40億年で、太陽と同じG型に分類される。

研究チームはクロノスに、マグネシウム、アルミニウム、ケイ素、鉄、クロム、イットリウムを含む異常に高い水準の造岩鉱物に認めたが、揮発性化合物(酸素と窒素)は比較的低いレベルだった。このようにして、1200K(ケルビン)以上の高温で凝固する物質が発見された。通常これらの物質は、木星や土星と異なり、主星の近くに位置する地球と同型の惑星に含まれる。

研究チームがこれらのデータで計算を行った結果、クロノスは観測可能な造岩鉱物を得ているからには、約15もの岩石惑星を吸収しているはずとの結論に達した。

関連ニュース

NASA、惑星X捜索の初の結果を発表

黒い巨大太陽系外惑星が見つかる

タグ
発見, 惑星, 科学, 研究, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント