07:50 2018年07月22日
宇宙(アーカイブ)

新たに6つの銀河が見つかる

© Fotolia / Zhanna Ocheret
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

安徽省合肥市にある中國科學技術大學の王教授率いる中国、米国、チリの天文学者からなるグループが、新たに6つの銀河を見つけた。新華通信社が報じた。

スプートニク日本

研究グループによると、今回見つかった銀河はビッグバンの8億年後に形成された。また、今回の発見は再電離が起きた時の銀河観察分野におけるブレークスルーとなったとして、星の形成プロセス研究するための基礎を築くのに役立つという。

同研究グループのLAGER(再電離時代のライマンアルファ銀河)プロジェクトの目的は、宇宙物理学における最も困難な課題であるとチームが主張する星や銀河の形成を説明するのに役立ち、これらのプロセスの開始時間を設定する助けになるようなものを発見することにある。

ビッグバンのあと、宇宙は徐々に冷却されていったという。40万年後には減速した電子と陽子がお互いに結合できるようになり、ビッグバンから38万年から5億5000万年にかけての暗黒時代の始まりとなった。その後、重力の影響で星や銀河が発生し始め、再電離の時代が始まったのだ。

関連ニュース

地球の同型惑星たちを飲み込んだ「大食漢」の星が発見

NASA、惑星X捜索の初の結果を発表

タグ
天文学, 発見, 研究, 科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント