09:42 2020年11月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ハッブル宇宙望遠鏡は、かに座の2つの銀河衝突後の写真を撮影した。2009年に撮影されたものよりも更に鮮明で詳細がわかる写真で、銀河は衝突後、数百万の星から成る2つの明るく長い尾となり「散らばった」姿を見せている。

スプートニク日本

他の銀河や天の川で星の動きを観測するにつれ、このような「星の巨大都市」同士の衝突や合体は宇宙では日常的な現象であることがわかってきた。殆ど全ての銀河がかつてこの類の「宇宙交通事故」を経験したことがあると、ハッブル宇宙望遠鏡のサイトには記されている。

かに座方向にある銀河NGC2623は、地球から約2億5千万kmの距離にある。数億年前の太古に衝突して合体プロセスが始まったことから、かつての姿は失われ、現在の2つの巨大な「おたまじゃくし」姿となっている。その明るい尾は、年間数百もの天体が新たに誕生する多数の星形成域から構成されている。

合体のプロセスが完了したとき、この2つの尾は消滅する。そしてNGC2623は、新しい銀河間物質の到達を妨げる外部領域内の超高温ガスのために「命を失った」普通の銀河となる。

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント