02:06 2019年12月06日
サメ

サメ大量「自殺」の原因が明らかになる

CC0 / Mark Conlin/NMFS
テック&サイエンス
短縮 URL
0 55
でフォローする

米国の学者たちが、カリフォルニア沿岸付近でのサメの大量死の原因となった寄生虫を発見した。ナショナルジオグラフィックが伝えた。

スプートニク日本

2017年、サメの「自殺」が1000件以上確認された。サメは岸に打ち上げられ、脱水症状のような状態になって死亡した。

この原因を、カリフォルニア州漁業・天然資源局が発見した。

同局の専門家らは「何かがサメの鼻の穴から脳に侵入し、その結果サメは方向感覚を失い、岸に打ち上げられたり、あるいは死亡した」と発表した。

学者たちは分子医学的検査によってMiamiensis avidusと呼ばれる寄生虫がサメの脳を食べていたことを明らかにした。

学者らによると、この病気の突然の発生は、大雨によって沿岸部の海水塩分が低下したことによって引き起こされた。学者らは、生息地の海洋環境の化学的成分の変化がサメの免疫力を低下させ、サメは寄生虫にとってたやすく捕まる獲物となったとの見方を示している。

タグ
動物, 研究, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント