07:33 2018年02月22日
東京+ 2°C
モスクワ-11°C
    Tinder

    最も危険なオンラインデートアプリ カスペルスキー調べ

    © AP Photo/ Tsering Topgyal, File
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 30

    ロシアのサイバーセキュリティ関連企業カスペルスキー・ラボが、人気の高いオンラインデートアプリの脆弱性を調べた。

    スプートニク日本

    テストされたのはロシアや世界で人気の高いデーティングアプリ「Tinder」、「Bumble」、「OK Cupid」、「Badoo」、「Mamba」、「Zoosk」、「Happn」、「WeChat」、「Paktor」。

    研究の結果明らかになったところ、Bumble、OK Cupid、 Badooのわずか3つのみがユーザーの現在位置の追跡を許可しない。

    Tinder、Bumble、OK Cupid、Badoo、Happn、Paktorのアンドロイド用アプリは機器のメモリにメッセジを保存する。つまり、メッセージが悪意を持ったハッカーのターゲットになりうる。

    これに加えて、Tinder、Paktor、Bumbleのアンドロイド用アプリやBadooのiOS用アプリはオープンプロトコルで写真をダウンロードしている。このデータは傍受されるおそれがある。

    関連ニュース

    MAC、マルウェア感染のおそれ=セキュリティ企業ESET

    カスペルスキー「顧客情報は完全に保護」

    タグ
    インターネット
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント