06:02 2018年02月22日
東京+ 3°C
モスクワ-10°C
    唐辛子

    まだあった 辛い食べ物が体にいい理由

    © 写真: Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 41

    辛い食べ物を常時摂取している場合、塩辛い食べ物をあまり食べたいと思わなくなることが実験の結果明らかにされた。ポータル「ハイパーテンション」が米心臓協会の専門家の発表を引用して報じた。

    スプートニク日本

    医師らの実験で唐辛子に多く含まれる、辛みをもたらす成分のカプサイシンは食物の塩味を強める効果があることがあきらかにされた。

    その理由は脳の中で塩味と辛みを感じる中枢が近く、ある意味では重なりあっているため、辛い物を食べると塩味を感じる細胞に刺激が及んでしまい、辛い物を食べているのに塩からいものを食べていると勘違いしてしまうため。

    これは600人の被験者に辛い食べ物を摂取させる実験で明らかにされた。

    実験から数週間後、医者たちは被験者らが味付けのために摂取していた塩の量が減っていたことに気づいた。塩分摂取量が減ったため、被験者らの血圧も5-8水銀柱ミリメートル下がった。

    関連ニュース

    ファーストフードは脳内に取り返しのつかない変化をもたらす!?

    学者たちが食後にしてはいけないことについて語る

    タグ
    健康, 食品, 食事
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント