06:45 2018年10月18日
現代科学に矛盾する存在の「怪物級の巨大惑星」を研究者らが発見

現代科学に矛盾する存在の「怪物級の巨大惑星」を研究者らが発見

© 写真: ESO/Tom Ruen/nagualdesign
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80

存在の可能性が極めて低いとされていた巨大なガス状惑星が英ウォーリック大学の研究者が主導する国際天文学者グループによって発見された。米国科学振興協会(AAAS)が提供するオンラインニュースサービスのEurekAlertが伝えた。

スプートニク日本

NGTS-1bと名付けられたガス状惑星は、地球から「はと座」の方向に約600光年の距離にある。大きさは木星並みだが、質量は木星よりも2割ほど少ない。表面温度は530℃。研究者らの計算によると、この惑星は、半径が太陽の半分ほどの恒星の周りを公転している。軌道距離は地球と太陽の間の距離のわずか3%で、公転周期は2.6日、つまりこの惑星では1年間が地球の2.6日に相当する。

惑星形成論によると、比較的小さい星の周囲では、ガス天体の形成に必要なだけの物質を集めることはできず、固体天体が形成されるという。この理論に従えば、ガス状のNGTS-1bは否定された存在だ。

研究の指導的立案者であるダニエル・バイリス博士は「私たちにとってNGTS-1bの発見は全くのサプライズだった。これほどの小さな星の周りにこれほどの巨大な惑星を見つけられるとは思っていなかった。今回の発見によって、惑星形成に関して既にわかっていることが疑問視されるようになるだろう」と述べた。

関連ニュース

銀河「神の顔」 新たな詳細な画像が手に入る【写真】

ハッブル宇宙望遠鏡 銀河衝突後の写真を撮影

NASA、惑星X捜索の初の結果を発表

タグ
科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント