11:14 2018年09月22日
喫煙

喫煙が人体に及ぼす否定的影響がもう一つ明らかに

© Sputnik / Vitaly Bezrukih
テック&サイエンス
短縮 URL
170

韓国の慶熙大学の研究グループが発表した最新の研究結果によると、たばこに含まれる化合物が胃腸の慢性的な炎症を引き起こす可能性があることがわかった。

スプートニク日本

英タブロイド紙「デイリー・メール」によると、マウスを使った実験の結果、煙草の煙の吸引とクローン病の兆候である腸の炎症には関連があるとの結論が出された。実験では1日当たり20本のたばこの煙を1週間当たり6日間、数週間にわたってマウスに吸わせた。その結果、炎症や腸内の粘液のレベルを示す指数が高くなった。

研究グループリーダーのペ・ヒョンス教授は、「気管と腸には共通点が多くある。クローン病は気管の病気にかかっている人に多くみられる。韓国の伝統医学では、興味深いことに肺と大腸が関連していることが古くから強調されている」と述べている。

健康関連のニュースはこちら

タグ
喫煙, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント