14:08 2018年01月17日
東京+ 8°C
モスクワ-8°C
    人工知能、91%の精度でMRIから自殺願望者の予測が可能に

    人工知能、91%の精度でMRIから自殺願望者の予測が可能に

    CC0
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    132

    脳スキャンのデータを人工知能(AI)で分析することで、自殺を試みる精神状態と相関するニューロンの反応を認識し、91%の精度で自殺願望を持つ人を予測することに成功した。

    スプートニク日本

    自殺を予測するため現在は会話とアンケート記入に頼っているが、精神科に通っている患者でさえ、自殺の計画は普通、告白しない。そうした場合、カーネギーメロン大学のマーセル・ジャスト教授のチームが開発したAIが役に立つ可能性がある。論文は科学誌『Nature Human Behaviour』に掲載された。

    実験では自殺願望を持つ17人とそうでない17人が集められた。脳波をスキャンして、スキャン中に読み上げられた単語セットに対する脳の様々な領域における反応のデータが得られた。

    その結果、「死」や「残酷さ」といった否定的な感情を伴う単語が、自己の認識や感情、意思決定に関する分野である前頭前皮質の左上部分および前帯状皮質でのニューロンの反応を引き起こした。ニューラルネットワークを作成し学習させることで、MRIのデータにより17人の自殺願望を持つグループから15人を、17人の願望を持たないグループから16人を正しく特定することに成功した。

    スプートニクが先に伝えたところ、AIがPV作成に初めて参加した

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント