15:30 2018年10月17日
宇宙

NASAが20個もの新たな地球型惑星を発見

© 写真: ESA/Hubble & NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
141

NASAがケプラー探査機と宇宙写真の新たな分析メソッドのおかげで 今まで全く知られていなかった新たな地球型惑星を20個も発見することに成功した。「天文物理学ジャーナル・スプレメント」誌が学術論文を発表した。

スプートニク日本

中でも最も集中した研究対象となっているのは惑星KOI-7923.01。この惑星は光源の周囲を395日かかって回っており、最も地球に近い条件を持つことから生命体が存在する可能性が高いとされている。「ケプラー」ミッションを率いるジェフ・コフリン氏の話ではKOI-7923.01は大きさもほぼ地球と同じで、温度だけは多少低い。

地球型惑星の発見に功を奏したのは2017年初めに「ケプラー」ミッションが導入したアルゴリズム。これにより星から遥か遠くにある地球型惑星を雑音に妨げられずに認識することが可能となった。

関連ニュース

200万人超の名前が探査機とともに火星へ

現代科学に矛盾する存在の「怪物級の巨大惑星」を研究者らが発見

タグ
研究, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント