18:37 2019年11月12日
展覧会(アーカイブ)

アートセラピーは重いうつ病に効果あり 研究結果

© REUTERS / Neil Hall
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

スウェーデン・ヨーテボリ大学の医学部サルグレンスカ・アカデミーのクリスティーナ・ブロムダル氏が、アートセラピーは中度ないし重度のうつ病を患う患者に効果があると明らかにした。絵画について話し合うことで、自己分析を促進し、脳の働きを促進する。インド紙デカン・クロニクルが報じた。

スプートニク日本

実験にはうつ病患者が参加。ブロムダル氏監修の手引きに沿ったアートセラピーに取り組む43人の第1グループと、取り組まない36人の第2グループに分けられた。さらに、全ての参加者は認知行動心理療法、精神力動的心理療法、および理学療法のセッションを受けた。多くの被験者は、うつ病のために働くことができなかった。

専門家が行ったアートセラピーのセッションは短いレッスンとリラックスすることから毎回始まった。使われた道具は鉛筆と水彩絵の具。セッションの長さは1時間。10セッションを受けた参加者は、うつ病のレベルが平均で5ポイント下がっていた。アートセラピーを受けなかった第2グループでは大きな変化は確認されなかった。

関連ニュース

うつ病から抜け出す簡単な方法が見つかる

多くの病気の原因が明らかにー学者

タグ
研究, 医療, 病気, 健康, 芸術
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント