06:53 2020年05月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
113
でフォローする

ドイツ企業シーメンスがロサンゼルス空港付近にハイブリッド・電気トラックが充電可能な接触電線付きの車道を建てた。同社サイトが発表した。

スプートニク日本

大型ディーゼルトラックは大型港付近をはじめとする南カリフォルニアにおける主な大気汚染源だ。1.5キロの実験区間「eHighway」でトラックはトロリーバスのように集電装置から電気を得て、その電力で走ることが可能になる。

シーメンス社はすでに電動トラックや2台のガスエンジンないしディーゼルエンジンとのハイブリッドトラックで「eHighway」を実験し、成功裏に終えた。

南岸大気管理局のウェイン・ナストリ局長は「このプロジェクトは上空の送電線を用いて排出ゼロ水準のトラック輸送システムを作ることがどれほど現実的かの評価に役立つ」と指摘した。

関連記事

中国人女性、ルノーのため空飛ぶ泡車を考案【写真】

エンジン車はマンモスと同じ運命を辿るのか?

タグ
びっくり, テクノ, 環境
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント