10:02 2018年01月17日
東京+ 6°C
モスクワ-8°C
    溶岩流

    驚きのストーリー 溶岩に沈んだカメラが撮影しつづける【動画・写真】

    CC0 / Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 50

    アクションカメラ「GoPro」が溶岩流に呑まれた後も動画を撮影し続けた。動画はユーチューブチャンネル「PetaPixel」に公開され、5日で130万回以上視聴された。

    スプートニク日本

    カメラの所有者エリック・ストームさんはハワイ島の火山を巡る個人ツアーを企画する会社の社長。ストームさんは、およそ1年半前に小さな割れ目からの溶岩流の撮影を決意した。溶岩流に飲み込まれてカメラは燃えた。ストームさんは何とかカメラを引き上げたが、完全に壊れたものと考えていた。しかし後に、カメラは機能し続けていると判明した。さらに、メモリと動画は損傷せずに残っていたのだ。

    サイト「PetaPixel」は溶岩にのまれたGoProの写真を公開。カメラが大きく溶けていることが伺える。

    関連ニュース

    革新的な携帯ストーブ「Tengu」 普通の火力でガジェットを急速充電【写真】

    日本で耐水性を備えた太陽電池が開発される

    タグ
    おもしろい, びっくり, テクノ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント