22:39 2018年09月26日
パワードスーツ「EksoVest」

フォード社、工場労働者にパワードスーツを導入【写真】

© 写真: Ford Motor Company
テック&サイエンス
短縮 URL
161

米フォード・モーターは、自動車組み立てラインで働く作業員に、疲労軽減とけがの発生件数低下を目的とした外付けパワードスーツ「EksoVest」を試験導入した。ロシアのメディアが報じた。

スプートニク日本

EksoVestは上半員に装着し、同様の動きを繰り返す頭上作業の負担を軽減する。フォード社は、作業員が電球をねじり込むなどの作業を毎日4600回ほど行っているとして「こうした仕事のテンポではけがのリスクが増え、疲労がたまる」と指摘する。

また、EksoVestにはバッテリーやケーブルがない。腕を胸の高さまで上げると空気ばねが作動し、装着した手を持ち上げて支える仕組み。

​現在は米国の2工場で試験中。今後は欧州や南米など他地域にある組立ラインでも導入する予定だ。

フォード・モーターは米国の大手自動車メーカーで、世界3大自動車メーカーの1つである。

関連ニュース

露軍「未来兵士」と『スター・ウォーズ』のストームトルーパーを比較 メディア

ネット上に外骨格タイプの米軍人用新型パワードスーツの映像現る!【動画】

タグ
テクノ, 自動車, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント