17:14 2018年06月21日
うつ病

コミュニケーション能力の欠如が、健康問題の原因だった

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 15

アリゾナ大学の心理学者クリス・セグリン氏は、18歳から91歳の775人にオンライン調査を行い、コミュニケーション能力が健康状態に影響を与えていると考えた。セグリン氏は、コミュニケーションに困難を持つ人々は多くの病気を発症するリスクが高いとの見方を示している。

スプートニク日本

雑誌ヘルスコミュニケーションに掲載されたセグリン氏の研究によると、その基盤にあるのは孤独とストレス。自身のコミュニケーション能力が低いと考える大勢の人が、ストレスや孤独感のレベルが高いことを指摘している。

調査に参加し、社会技能の発達レベルが低かったことが示された人々は、平均的に孤独感やストレスをより強く感じているほか、病気や体の不調の数も多い。

セグリン氏は、ストレスがずいぶん前から多くの病気が発症する重要なリスク要因だと考えられているとしたら、孤独が病気と結び付けられることは稀だと説明している。

だがセグリン氏によると、研究では社会的孤独感がストレスに劣らず危険な現象であることが示された。そして潜在的なリスクグループに入っている大勢の人が、孤独の危険性を十分に認識していないという。

先に学者たちは、友情が脳の老化に与える影響について語った。

タグ
研究, 科学, 病気, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント