17:15 2017年11月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 2°C
    「Idea Train」という名称の列車

    ドイツで未来型列車のコンセプト発表 トレーニング室とゲーム機つき

    © 写真: Deutsche Bahn AG
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 19620

    ドイツ人技術者らが構想を発表した未来の列車は、2階建車両にトレーニング室やビデオゲーム機などが設置されるという。これらの設備によって車の自動運転に代替させようとする試みだ。Engadgetが伝えた。

    スプートニク日本

    「Idea Train」という名称の列車には、トレーニングマシンやランニングマシンが置かれる他、子供用のスペースも作られる。またプラズマテレビやゲーム機「プレイステーション4」を設置。

    座席は軸回転が可能で、睡眠用スペースや、防音機能と卓内蔵型タブレット端末の備わった会議室も作られる。

    開発を手がけるのはドイツ国営鉄道Deutsche Bahn。ただし、このような列車が安全基準を満たすものかどうかは不明。

    関連ニュース

    世界初の水素路面電車 中国で運転開始

    ロサンゼルスに電化道が登場【動画・写真】

    タグ
    テクノ, ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント