18:39 2018年07月23日
医療診断アプリケーション「VisualDx」

Apple社の新型医療診断アプリ 写真1枚でたちどころに病名がわかる【写真】

© AP Photo / David Duprey
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21

Apple社のティム・クック社長は記者、投資家らと行ったビデオ会議で医療診断アプリケーション「VisualDx」の説明を行った。ビジネスインサイダーが報じた。

スプートニク日本

アプリ「VisualDx」は医師にターゲットを絞っている。医師らは、例えば皮膚の状態から病気を特定するなど、患者の診断に役立てることができる。診断を行うには身体の一部の写真を撮るだけでよい。その写真を基にプログラムがわずが1秒で速さで自動に診断を行い、治療のための助言を与えてくれる。

​実際の医療現場で使われている3万2千件の写真によるライブラリーが作られ、「VisualDx」のアルゴリズムはこのライブラリーにアクセスして、ユーザーの撮影した写真と資料写真を照合し、診断を行う仕組みになっている。

関連ニュース

インドでポルノ依存症対策アプリが開発される

タグ
医学, テクノ, Apple
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント