09:48 2018年07月18日
国際宇宙ステーション(ISS)

ISSで地球外生命体が見つかる=ロシア人宇宙飛行士

© 写真: Twitter/Intl. Space Station
テック&サイエンス
短縮 URL
1269

国際宇宙ステーション(ISS)のロシア側モジュールの外表面から採取されたサンプルから、地球外由来だと見られる生きたバクテリアが見つかった。ロシアのメディアが報じた。

スプートニク日本

ロシアの宇宙飛行士アントン・シュカプレロフ氏は記者団のインタビューに対し、宇宙飛行士が船外活動中に綿棒でISS外表面からサンプルを採取すると答えた。標本は地球に送られ、専門家が調査する。

「そして今、この綿棒で、ISSのモデュール打ち上げ時にはなかったバクテリアがどこからか見つかったと明らかになった。つまり、彼らは宇宙のどこからか飛来し、外表面に付着したのだ。現在研究中で、どうやら危険性は一切ないようだ。」

関連ニュース

異星人はどんな姿か オックスフォード大学の進化論を用いた試み

タグ
宇宙, ISS, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント