23:27 2018年09月24日
東京でBitClave Active Search Ecosystemのプレゼンテーション

ブロックチェーンのスタートアップ 30秒で2500万ドルを売り上げ

© 写真: Official BitClave twitter
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

ブロックチェーンのスタートアップ「ビットクレイブ・アクティブリサーチ・エコシステム」がクラウドファンディング(ICO)を実施し、最初のわずか32秒で2550万ドルをうりあげた。同社がプレスリリースで明らかにした。

スプートニク日本

「ビットクレイブ・アクティブリサーチ・エコシステム」のCATトークンの価格は10セント。同社はグーグル、Facebook、アマゾンといった消費者とビジネスを仲介する大会社を押しのけ、これらが確立したシステムを打ち壊す野心を持っている。

「ビットクレイブ・アクティブリサーチ・エコシステム」が目指すのはビジネスと購買者を直で結ぶシステムで、ユーザーは検索システムを使ってどの企業情報を自分のために紐解くかを自身の判断で決定し、その見返りとして企業からCATトークンの形で褒章がもらえる。褒章額は個人情報の提供量に比例する。

企業と一般のユーザー間の取引はイーサリアムのスマートコントラクトをベースに実現される。「ビットクレイブ・アクティブリサーチ・エコシステム」はこれはデーターの保存方法としては信頼性の高いものと太鼓判を押している。

「ビットクレイブ・アクティブリサーチ・エコシステム」は今年7月にもトークンのプレ販売を行い、2日間で180万ドルを集めている。同社は集まった資金で大型市場への参入を計画している。

関連ニュース

改善されたデジタル通貨の発行計画が明かされる

原発付近にマイニング工場、クリプトルーブルと日本のビットコイン流通経験 仮想通貨がいかに私たちの生活を変えるか、ネットオンブズが語る

タグ
仮想通貨・暗号通貨, びっくり, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント