00:09 2019年12月10日
バーチャルリアリティ

近い将来に新たな性的指向が登場する=カナダの学者

© Depositphotos / Sakkmesterke
テック&サイエンス
短縮 URL
0 26
でフォローする

カナダの学者が、近い将来に新たな性的指向「デジセクシャル」(digisexuals)が生まれるとの見方を示した。デジセクシャルの人々はテクノロジーやバーチャルリアリティ(VR)によって性的欲求を満たす。報告書は科学誌『Journal of Sexual and Relationship Therapy』に掲載された。

スプートニク日本

カナダ・マニトバ大学の専門・応用倫理センター長、ニール・マッカーサー氏は「臨場感あふれる仮想セックスの時代が到来したと自信を持って言える」と主張する。

マッカーサー氏は、ロボットが欲求に合うように仕立てられるため、多くの人々が主な性的体験としてロボットを用いるようになるとの見方を示した。

セックスボット(ロボットのセックスパートナー)が来ていることは間違いない。人々はロボットと緊密な関係を結ぶようになる。これらのロボットは人々の欲求に合うように仕立てられ、人間のパートナーができないか、しないようなことをするようになる。」

研究者らは心療内科医に、デジセクシャルの性質を理解して、こうした顧客の増加に備えるように呼掛けた。

著者らによると、報告書で書いた現象が関係に害を及ぼし、離婚につながる可能性があるうえ、恥や罪の感情をもたらすおそれがある。

責任あるロボット工学基金(FRR)によると、近い将来にセックスボットは老人ホームや、遠距離恋愛のカップルの「助け」として用いられるようになる。

こうしたロボットを生産しているのはまだ4つのメーカーのみだが、専門家が予測するところ、この10年間でこうした傾向はいたるところで見られるようになる可能性がある。

英紙テレグラフによると、FRRの創設者でシェフィールド大学のAIロボティクスの名誉教授であるノエル・シャーキー氏は、セックスボットやダッチワイフが現在、性的逸脱と考えられているが、これが将来的に変化するかは明らかではないとの見方を示した。

関連記事

セックスドール 夫婦生活の代用品か現実逃避か?

「大人のための」ロボット 人間はセックスゲームマニアを恐れる必要があるのか?

タグ
セックス, ロボット, びっくり, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント