01:56 2018年06月19日
豆腐

シンガポールで豆腐製造廃棄物からアルコール飲料を開発

© Fotolia / HandmadePictures
テック&サイエンス
短縮 URL
170

シンガポール国立大学で、豆腐製造過程で出来る液体、「豆腐ホエー」からアルコール飲料を作り出した。「The Drinks Business」が報じた。

スプートニク日本

飲料の名前は「sachi」。「幸せ」や「至福」という意味だ。

製造に要する時間は3週間だ。

開発者によると、sachiはフルーツや酒のような味がする。度数は明らかになっていない。

現在は、sachi製造に関心を示すアルコール飲料メーカーを探している。

The Drinks Businessが指摘するところ、アジア諸国では大量の豆腐ホエーが生まれており、その糖分やタンパク質が最終的に海や川に流されて、水を汚染している。

関連ニュース

コーヒーでがんや心臓病の死亡リスク減少=米研究チーム

タグ
食事, シンガポール
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント