06:16 2021年10月17日
テック&サイエンス
短縮 URL
253
でフォローする

コーヒーを適量摂取している場合、うつ病、パーキンソン病、認知症の発症リスクが下がることがコーヒーの飲用効果を調べた200以上の調査で明らかになった。この結果、コーヒーを1日に3-4杯飲んだ場合、健康にはプラス面が多いことがわかった。

スプートニク日本

カナダのニュースサイトThe Quebec Postの報道によれば、心臓病、前立腺がん、皮膚がん、肝臓がん、糖尿病2型、腎臓の石、肝臓の病気、なかでも肝硬変に特有の指標がコーヒーの飲用によって下がることが明らかになっている。

ところが普段悪者扱いされるカフェインだが、これ抜いたコーヒーを飲んでもこうした病気への効用は認められないことが統計の上で現れている。

タグ
コーヒー, 食生活, 食料, 食べ物, 健康, 食事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント