18:29 2018年01月24日
東京+ 6°C
モスクワ-9°C
    隕石

    隕石がほとんど地球に到達しない理由が明らかに

    © Fotolia/ Johan Swanepoel
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    132

    小型の隕石は「宇宙の石」の組成と周りの高圧及び低圧の分野の珍しい相互作用により地球の大気中でしばしば爆発する。論文は『Meteoritics & Planetary Science』に掲載された。

    スプートニク日本

    米パデュー大学のジェイ・メロッシュ氏は「空気が隕石内部の孔を通って移動できるようになると、容易に内部に入り込み、石をばらばらにする」と説明する。

    観察対象として、2013年2月にロシア・ウラルの朝空で爆発した重さ数千トンのチェリャビンスク隕石が選ばれた。

    隕石内部にわずかでもヒビがあると、高い圧力差から「白熱した」空気いより文字通り爆散につながることが明らかになった。

    実際に、チェリャビンスク隕石の80%ほどは大気圏突入後に跡形なく消えた。

    NASAや他の宇宙機関による観察が示すところ、地球は実質的に常に小惑星によって「爆撃」されているが、そのうち多くは待機中で燃え尽き、多くの住人にとっては見えないままだ。

    関連ニュース

    オランダの小屋の屋根に落下の石 正体は45億年前の小惑星

    古代レリーフ 歴史の流れを変えた彗星について知る手がかりを与える

    タグ
    研究, 宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント