23:40 2018年09月18日
ウナギ

デンキウナギが「柔らかい」電源のヒントになる【写真・動画】

© Depositphotos / Wrangel
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

学者たちの国際グループは、デンキウナギの電気器官の原理で働く柔らかい電源をつくった。Natureに掲載された論文の中で述べられている。

スプートニク日本

デンキウナギはユニークな魚で、体表面の80%以上が危険な場合に発電を行う細胞で構成されている。これで人間を麻痺させることもできる。

学者たちは、一度にすべての細胞が機能した場合、600ボルト以上の電気を発生させることが可能だと指摘している!

この能力をトーマス・シュレーダー教授率いる米ミシガン大学の学者たちが自分たちの開発の基盤に取り入れた。学者たちは、ハイドロゲルを用いてウナギの皮の細胞結合に似たものをつくり出した。

​学者たちは、数千個のこのような要素を鎖状に連結させ、そこで数十ボルトの電気を発生させることができるようにした。

平らなフィルムシートのようなものができ上がり、これが新たな電源の構造を変えるというアイデアを生み出した。学者たちは、折り紙のように折りたためるコンパクトな方法を考え付いた。

​学者らは、近い将来これがインプラント、電子機器、またその他のポータブルデバイス用の電源となることに期待している。

関連ニュース

露日物理学チーム、グラフェンと量子ドット基に唯一無二の太陽電池を開発へ

タグ
自然, テクノ, 科学, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント