04:35 2018年11月19日
ハチ

ロシアの学者が発見:ハチ毒はがん治療に有効

© Sputnik / Konstantin Chalabov
テック&サイエンス
短縮 URL
1130

ロシアのニジェゴロド国立大学の生物学者たちが、ハチ毒の抗がん特性を発見し、複数の種類の腫瘍の成長を抑える薬剤をつくった。トルコのイスタンブールで開かれた養蜂に関する国際会議で発表された。

スプートニク日本

近年、実験によりいくつかの興味深い発見がなされた。例えば7年前、学者たちはブラジルに生息するアシナガバチ(Polybia paulista) の毒が、がん細胞を消滅させることを発見した。がん細胞は文字通りばらばらになるが、健康な組織が傷つくことはないという。

イルカ
© Sputnik / Anton Denisov
ニジェゴロド国立大学の生物学者と化学者たちは、数年前から普通のミツバチの毒から同様の物質を見つけてその合成アナログをつくろうとしている。例えば学者たちは、ハチ毒の主要な成分であるメリチンの酵素にそのような特性があることを発見した。これは、がん細胞のミトコンドリアに侵入して、がんを自滅させる特別なシグナルの生成を強要することができるという。

また学者らによると、メリチンおよびその他のハチ毒の成分は、2型糖尿病や炎症の治療のほか、スポーツ選手の疲労を迅速に回復させるための手段としても使用できる可能性があるという。

関連ニュース

精子を使ったがん治療【動画】

胃がんや大腸がんなどを防ぐ可能性のある食品を研究者が究明

タグ
医学, ガン, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント