07:20 2020年10月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 13
でフォローする

スペースXとテスラの創設者、イーロン・マスク氏がインスタグラムに、大型ロケット「ファルコン・ヘビー」に荷重として乗せて火星に打ち上げる予定の車の写真を公開した。

スプートニク日本

マスク氏は、赤のテスラ・ロードスターはテストに変化をもたらすために火星に送ると指摘した。

これより前、新大型ロケット「ファルコン・ヘビー」の初めての打ち上げが1月に実施されると、マスク氏が発表した。

Публикация от Elon Musk (@elonmusk) Дек 22, 2017 at 10:47 PST

さらにマスク氏は、ロケットの有効ペイロードとして、デヴィッド・ボウイの楽曲「スペイス・オディティ」を奏でる、自身が所有するサクランボ色のスポーツ電気自動車「テスラ・ロードスター」を搭載するとし、「目的地は火星軌道。打ち上げ時に爆発しなければ、深宇宙に約十億年にわたって存在し続けることになるだろう」と述べている。

12月21日、マスク氏は、17トン以上の貨物を火星軌道に運ぶことができる大型ロケット「ファルコン・ヘビー」の写真を公開した。

全長70メートル、重量1400トンの2段式のロケットは低軌道に63トン以上のペイロードを送る事が可能で、今日において圧倒的な数値を誇る。

現在広く用いられているロシアのロケット「プロトン-M」のペイロードは23トン以下。また、積載量140トンの米国のサターンVや、低軌道に最大200トンのペイロードを運べるロシアの「エネルギア」は前世紀末に生産が終了している。

新たなロシアの大型ロケット「エネルギア5.1」は性能ではファルコン・ヘビーを凌駕する可能性がある。同ロケットは現在企画段階にある。

関連ニュース

1時間で地球の好きな地点に イーロン・マスクが未来の交通機関をお披露目【動画】

マスク氏、ビットコイン創設への関与を否定

タグ
ロケット, 火星, びっくり, 宇宙, イーロン・マスク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント