00:43 2018年06月19日
トマト

トマトに放射線から守る成分発見

© Sputnik / Perventsev
テック&サイエンス
短縮 URL
4402

英国とドイツの科学者は、トマトに含まれる物質は、電離放射線の有害な影響から細胞膜を効果的に保護する、ということを発見した。FEBSレターズをもとにウェブサイトN + 1が伝えた。

スプートニク日本

マンチェスター大学がキールおよびベルリン大とともにリコピンの保護効果を調べた。トマトに赤い色を与えている物質だ。この目的で、ヒトのリンパ細胞にガンマ線の作用を加えた。

結果、特定の条件下で、リコピンが放射線の損傷効果から細胞膜を保護することが分かった。

研究に参加したルースエッジ氏によると、リコピンの効果は原子力発電所における事故の際に放射線病の予防に応用することができ、放射線治療の有効性を高めるのにも使えるという。

関連記事

欧州の専門家らが考える「最も体に良い食べ物」とは?

世界の放射能汚染地域ワースト9【写真】

日本発・びっくり技術で美味しすぎるトマトを栽培!ロシアの野菜不足の救世主に?【写真】

関連:

研究者:トリュフは放射線耐性を持つ
タグ
健康, 食べ物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント