22:03 2018年01月16日
東京+ 8°C
モスクワ-8°C
    スーパームーン

    お正月のプレゼント 2日に世界中でスーパームーンが観測できる

    © REUTERS/ Jean-Paul Pelissier
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 30

    今年のお正月はスーパームーンが観測できる。

    スプートニク日本

    天文学者によれば、スーパームーンとは満月になるときと月が軌道上、地球に最も接近する時に見られる現象。つまりその瞬間、月はほかの惑星よりも最も地球に近いところに位置する。

    月は2日の深夜、モスクワ時間で0時56分(日本時間で午前6時56分)に地球に35万6千キロも大接近し、モスクワ時間の明け方5時25分(日本時間11時25分頃)満月のスーパームーンが観測できる。

    スーパームーンの瞬間、月は地球から最大距離離れた時より14%も大きく、30%も明るく見える。

    モスクワのプラネタリウムのサイト情報では、2018年のお正月のスーパームーンは元旦の1日夜から2日にかけて観測が可能。雲がない場合、夜を通じて南の地平線上に見える。

    関連ニュース

    NASA 月の水資源の起源解明

    NASA 今年最も人気の写真を発表

    タグ
    環境, 宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント