00:48 2021年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 09
でフォローする

米政府のための機密衛星を搭載した打ち上げロケット「ファルコン9」が、ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられたと、米スペースX社が発表した。

スプートニク日本

高度な機密とされる「Zuma」ミッションの一環である、今回の衛星の大きさや任務についての情報は明らかにされていない。民生あるいは軍事部門のどのような官庁がZumaに関わっているのかも不明だ。

政府や情報機関のための機密ミッションをスペースXが打ち上げるのは今回で2回目。昨年5月にファルコン9が米国家偵察局(NRO)の衛星を打ち上げている。

関連ニュース

スペースX 米空軍の無人宇宙機の打ち上げ時期を明らかにする

スペースXの大型ロケット「ファルコンヘビー」発射準備完了

スペースX 米軍部用に謎のスペースプランの発射実験

タグ
米国, ロケット, テクノ, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント