17:46 2018年01月17日
東京+ 8°C
モスクワ-8°C
    Tianhe-2 資料写真

    中国、1ExaFLOPSの演算性能のスパコン製造で日米を先行する可能性

    © 写真: O01326
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    280

    中国で現在開発中の、演算性能1ExaFLOPSを持つスーパーコンピューター「天河三号(Tianhe-3)」が2020年までに運用される。チャイナ・デイリー紙が9日報じたところ、中国は同機で日米の同様のプロジェクトを先行する可能性がある。

    スプートニク日本

    世界スパコンランキング「TOP500」のデータによると、世界一演算性能の高いスーパーコンピューターは中国の「神威・太湖之光(Sunway Taihu Light)」で、演算能力は93ペタフロップ。2位も中国の「天河二号(Tianhe-2)」(33.9ペタフロップ)。3位はスイスにある「Piz Daint」(19.6ペタフロップ)だ。日本で最も演算性能が高いスーパーコンピューター暁光(Gyoukou)は4位で、演算性能は19.1ペタフロップ。5位は米国の「タイタン」(17.6ペタフロップ)。1ExaFLOPSは千ペタフロップに値する。

    中国・天津市にある国立スーパーコンピューター研究所技術応用局の局長によると、演算性能の高いスーパーコンピューターは現在、天気予報、自然災害の予防、エネルギー資源利用の効率性向上そして疫学的疾病に効く医薬品の開発などの分野に適用できる展望が開けている。

    現在、天河三号の開発には中国20都市の研究員1600名が当たっている。

    タグ
    コンピューター
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント