11:07 2018年12月14日
ハッカー

北朝鮮に収入を移すマイニングプログラムを発見

© Sputnik / Alexey Malgavko
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32

サイバーセキュリティ企業「エイリアンボルト」の専門家らが、感染したコンピューターに暗号通貨の採掘(マイニング)を行うプログラムをインストールしていたアプリケーションを発見し、得られた収入が朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)にあるサーバーに送られていたと発表した。

スプートニク日本

問題のアプリケーションは2017年12月24日に開発された。同社のウェブサイトに掲載された発表では、「これは暗号通貨『モネロ』を採掘するプログラムをインストールするものだ。採掘された通貨は全て、北朝鮮の平壌にある金日成総合大学に送られていた」としている。

専門家らの指摘によると、現時点でサーバーのアドレスはアクセスできなくなっており、このことはプログラムの機能停止、あるいはアプリケーションの本物の発生源を隠蔽するために北朝鮮のサーバーが利用されていたことを証明している可能性がある。

韓国の情報機関は12月半ば、同国で最も人気のある暗号通貨取引所「Bithumb(ビッサム)」のユーザーおよそ3万人の個人情報が盗まれた事件に、北朝鮮が関与していた可能性を示す証拠を得たと発表した。同様の事件は9月、別の取引所「Coinis」でも発生している。

関連ニュース

北朝鮮でNetflixのようなアプリがリリースされる

メッセージアプリ「テレグラム」、独自の暗号通貨発行へ

タグ
仮想通貨・暗号通貨, ビットコイン, テクノ, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント