07:19 2018年09月19日
アップル社

iPhone動作遅延でアップルを捜査へ

© Sputnik / Natalia Seliverstova
テック&サイエンス
短縮 URL
170

「iPhone」の動作を意図的に遅くしているとの訴訟が起こされた後、フランス検察庁が米アップル社に対し捜査を行うとAFP通信とロイター通信が複数の関係者の話として伝えている。

スプートニク日本

当局は、アップルが旧機種の動作効率を意図的かつ計画的に悪化させているのではないかと疑っている。フランスで独占禁止政策を担当する省庁も捜査に参加する予定。

ラジオ局「Europe 1」によると、アップルを告訴したのはフランスの消費者団体「プログラムの旧式化に反対する協会(HOP)」。

活動家らは、同社がより新型のモデルへの買い替えを加速させるため、iPhoneの使用期間を意図的に短くしていると主張している。

ロイター通信は、アップルのフランス支社の代表者らは取材に応じず、米国にある事務所は状況に対するコメントを拒否したとしている。

関連ニュース

今年のスマホ ベスト10 韓国がダントツ

タグ
裁判所, iPhone, Apple, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント