22:03 2018年01月21日
東京+ 8°C
モスクワ-2°C
    市、夜

    光害は危険なウイルスの拡散に寄与

    © Fotolia/ Хuanhuongho
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    120

    ウエストナイル熱が1999年に米東海岸で現れてから、数年で米国全土に広がった。数千人が感染し、スズメ、カラス、その他の鳥も多く感染した。最近の研究によると、蚊に媒介されたウイルスは光害という予期せぬ助手を得た可能性がある。

    スプートニク日本

    研究結果は毎年開かれる総合比較生物学会大会(SICB)で発表された。サウスフロリダ大学の環境免疫学者メレディス・ケルンバッハ氏は、光害が鳥の免疫低下を促進するという結論に至った。これは、鳥が感染源である期間が2倍長くなることを導く。

    ウエストナイル熱は主に鳥の伝染病だが、鳥の血を吸い感染した蚊が人間の血を吸うことによって人に感染することもある。感染すると、発熱、全身の痛み、様々な発疹、下痢、長く続く倦怠感を引き起こすだけでなく、脳炎や脳膜炎を起こす場合もある。米国だけで、ウエストナイル熱発生時点から2000人ほどが亡くなっている。

    光害は人間の体内時計を乱し、花粉媒介者にとっての脅威となる。そのために通常より早く春が来てしまう。さらに、夜間の光が原因で、天の川の光を目にできないリスクもある。

    タグ
    科学, 病気, 研究
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント