10:54 2018年12月12日
動作緩慢化のiPhone ロシア人らがApple社を訴え

動作緩慢化のiPhone ロシア人らがApple社を訴え

© Sputnik / Valeriy Melnikov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 91

動作の遅くなった旧機種のiPhoneを巡って、ロシア人ユーザーらがApple社を相手取り、訴訟に乗り出した。コメルサント紙が報じた。賠償請求額は数千万ルーブルに上る見込み。

スプートニク日本

モスクワ市トヴェルスキー地区裁判所他、数か所の裁判所に訴状を提出NLFグループ、レックス・ボレアリスの2社。両社はおよそ10人の原告利益を代表している。法律家らは、勝訴すれば訴訟を起こす市民は増えるとふんでいる。

訴状には、iPhoneの動作の緩慢化は「消費者の権利保護」法に照らせば「商品の明らかな欠陥」となり、消費者は購入の際に商品のこうした欠陥についての説明を受けていない以上、交換を要求する権利を持つと主張されている。

12月末、米アップル社は、iPhone旧機種の動作を意図的に遅くしていることを認めた。Appleはその理由について、iPhoneに搭載されたリチウムイオン電池を最大限に活用するためだと発表した。

タグ
Apple
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント