19:05 2018年08月19日
ハワイ

マスコミ、ハワイが核攻撃を受けた場合の被害をシミュレートする【写真】

© AP Photo / Audrey McAvoy
テック&サイエンス
短縮 URL
241

米Defence Oneは、ハワイが核攻撃を受けた場合の被害を分析した。

スプートニク日本

専門家らは、スティーブンス工科大学で開発された特別プログラムNukemapを使用した。

​分析用に選ばれたのは、TNT換算で200キロトンの破壊力を持つ爆弾。爆発の震源地は人口およそ40万人のハワイの首都ホノルルとされた。

計算によると、地上600メートルの高さでの爆発によって一瞬にして15万8000人が死亡、17万3000人が負傷、火球の直径は5キロに達するという。

先にハワイ州当局は、ミサイル脅威に関するメッセージを住民に誤送信し、パニックを引き起こした。

関連ニュース

米ハワイ、ミサイル攻撃の誤警報 「人為的ミス」と知事謝罪

タグ
研究, ミサイル, 核兵器
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント