12:07 2019年10月24日
パーンツィリーS1

米軍事誌、米国にはない露対空システムを語る

© Sputnik / Maksim Blinov
テック&サイエンス
短縮 URL
2140
でフォローする

ロシアの対空ミサイル砲複合体「パーンツィリーS」は無人攻撃機(ドローン)を用いた大規模攻撃を撃退する理想的な兵器であるが、米国に同様の兵器はない。米誌『ナショナル・インタレスト』が伝えた。

スプートニク日本

NATOコードネームでは「SA-22 グレイハウンド」と呼ばれるこの複合体は「ZSU-23-4」や「ツングースカ」といった対空システムの後継機だ。

「パーンツィリーS」は高い機動性を実現するためトラックのトラックに搭載可能で、射撃速度40発/秒の30ミリ速射砲2基と対空ミサイル12発を装備できる。

シリアでの衝突で「パーンツィリ」が様々なミサイルや無人攻撃機を撃墜したのは一度ではない。同誌によると、昨年12月、武装勢力がシリアのフメイミム空軍基地に発射したミサイルも、「パーンツィリ」は2発撃ち落とした。

「パーンツィリ」は低空飛行の飛行機やヘリ、無人攻撃機、ミサイルに対処する。同誌が指摘するところ、将来はドローンの大規模攻撃の規模がより拡がる可能性があるため、こうした性能は現在、非常に重要だ。

米軍の装備には「パーンツィリーS」と同様の兵器はない。これは、米陸軍が、空からの脅威は全て航空部隊が対処できると見込んでいるためだ。しかしナショナル・インタレストの論評では、撃墜するドローンの値段をミサイルや燃料がおそらく大幅に上回ることから、こうしたアプローチの不採算性が指摘されるとともに、大きな疑念が表明されている。

関連ニュース

シリアでロシアが使った一番怖い兵器 独紙報道

ソ連製戦闘機ミグ21は百年の使用に耐える抜群な性能  ナショナル・インタレスト誌が評価

タグ
テクノ, 軍事, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント