16:56 2018年02月19日
東京+ 9°C
モスクワ-4°C
    男性のがんリスク、ストレスで2割増か

    男性のがんリスク、ストレスで2割増か

    © 写真: Jeffrey
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    211

    長期にわたり高いストレスを感じている男性は、感じていない男性に比べてがんになるリスクが2割高くなるとの論文を、国立がん研究センターなどのチームが19日までにまとめた。時事通信が伝えた。

    スプートニク日本

    それによると、男女およそ7万9千人について平均で18年近く追跡調査を行い、自覚しているストレスの程度について調査開始時と5年後に質問した。

    2回とも多いと回答した男性は、2回とも少ないとした男性に比べ、がんになるリスクが19%高くなっていた。1回目は少ないか中程度だったのに2回目に多くなっていた男性のリスクは、2回とも少ない男性に比べ20%高かったという。

    関連ニュース

    生物学者らが、がんに「ダイエット」させてがんを消滅させる

    ロシアの学者が発見:ハチ毒はがん治療に有効

    タグ
    科学, 健康, ガン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント