03:59 2018年05月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 20°C
    テスラ

    自動操縦も飲酒運転の助けにはならず テスラ運転者【動画】

    © AP Photo / Ted S. Warren
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 20

    乗用車の自動操縦システムが発展するにつれ、社会的また法的に新たな判例が現れるようになった。そのうちのひとつが先にサンフランシスコで起きた事件。飲酒し、テスラに乗ったドライバーが運転していた車が自動操縦であったことを根拠に飲酒運転の罪を逃れようとした例。

    スプートニク日本

    サンフランシスコ・クロニクル紙の報道によれば、事故が起きたのは20日土曜夜、サンフランシスコとオークランドを結ぶ橋の上。当時橋の上は渋滞で車の流れは緩慢だった。その中で1台の車が完全に走行を停止。動きを停止したテスラ車のドライバーは大渋滞の中で眠りこけてしまったからだった。

    警察が駆け付けてみると、ドライバーは酩酊状態にあった。もっと面白いのはドライバーは自分の飲酒運転を否定しようともせず、車は自動操縦である以上、動いているものだと信じ切っており、ちっとも危険なことはないと思っていたと説明した。

    この返答は警察の困惑を招いたかというとそれは一切なかった。なぜならば法律では飲酒運転は固く禁じられているからだ。

    この結果、テスラの所有者のこのドライバーは飲酒運転で逮捕され、車体は罰金者専用駐車場に送り込まれた。

    2016年の時点でテスラ・モーターズの創始者のイーロン・マスク氏は自社車を完全に自動操縦装備にすると宣言していた。テスラ・モーターズは全く人間を介さず、自律で市内走行を行う車の様子を公開していた。

    関連ニュース

    ネット上で「テスラ社のスマートフォン」が紹介される

    自動車のガソリンタンクにコーラを入れたらどうなる?ブロガーが試す

    タグ
    テクノ, 自動車, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント