05:45 2019年12月15日
地球

中国人学者らが提案 宇宙ゴミをレーザー光線で焼却

© 写真 : Roscosmos/Yuri Malenchenko
テック&サイエンス
短縮 URL
180
でフォローする

中国のエンジニアたちが地球近くの空間に漂う宇宙ゴミをレーザー光線で撃って、地球の大気圏へと突入させ、焼却させて清掃する人工衛星の艦隊の打ち上げを提案している。オプティック誌にその計画が公表された。

スプートニク日本

10センチメートル以下の小型の宇宙ゴミは「手作業」で収集することは不可能。その理由はこうしたゴミの大部分は地球から800キロから2千キロの広い範囲に浮遊しているため。

この計画を提案したのは中国、西安工程大学のルイ・ホー氏率いるグループ。レーザー砲搭載の人工衛星をこれに使うことを考えた。

学者らの計算ではこうした人工衛星の製造、打ち上げは今の技術をもってすれば十分現実的。学者らは、この算出を用いれば実際の立案の適正なレーザー砲とその動作のエネルギー源の選択はできると期待を表している。

関連ニュース

日本、宇宙デブリの除去方法を考案

EU、宇宙ごみの変わった収集方法を提案

タグ
環境, 宇宙, テクノ, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント