09:52 2019年10月19日
スマホで食べ物の写真(アーカイブ)

米大学、食品中の細菌をスマホで見抜くチップを開発

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11
でフォローする

米マサチューセッツ大学アマースト校の研究者らが、水や食品中の危険な細菌をスマートフォンを使って素早く発見できる安価なシステムを開発した。商業化が実現すれば、調理師や、自然災害による被害を取り除くため野外で働く専門家にとって役立つものになる。

スプートニク日本

インドの英字紙「The Asian Age」によると、この検査システムは「3-メルカプトフェニルボロン酸(3-MBPA)」と呼ばれる分子を使ったチップを利用する。この分子は食品や汚れの中にある糖や脂肪、タンパク質を避けて細菌のみを引き寄せる。分析されるサンプル中に細菌が存在するかどうかは、光学顕微鏡を使って直接目で見て分かるようになっている。研究者らは、スマートフォン用の顕微鏡アダプターと、チップが入ったサンプル中の細菌を直接目で発見できるアプリを発表している。

関連ニュース

スマートホームを操作する下着が開発される【写真】

Apple 児童スマホ依存症の監視機能を導入へ

タグ
健康, 食べ物, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント